悲しい話

こういう事を見たり聞いたりすると、僕の方がおかしくなってしまうような気になる

先日嫁の誕生日に嫁の実家にお呼ばれされていた時
嫁のおかあさんから聞いた話である

すぐ近所にブリーダーを営んでいる家があり
一軒家ではあるが、特に専用の施設があるわけでもなく
普通の家の中で様々な犬を飼育している
人気のある犬種の女の子に子供をたくさん作らせてはせっせと売っている
そこにはおおきなおおきなブルゾイが2匹いた
僕も散歩をしているところを見たことがあるが
凛としていてとても気品があるきれいな子たちであった

幸せにみんな暮らしているのであれば良かったのだが
そこの家からなにかモノでとても強く叩いたような音と、大きな犬の泣き声が
頻繁に聞こえてくるようになったらしい

以前おかあさんがその家の人に聞いたところによると
そのブルゾイはわがままで手を焼いていたらしい

おかあさんは毎日のように聞こえる泣き声がつらかったようで
警察にも相談したが、飼い主がいる限り警察や行政で保護もできず
現行犯でないと対応できないらしい

それからしばらく経つと散歩に連れているのが、1匹になった

おかあさんの耳にこびりついた悲痛な叫び声とブルゾイ1匹の散歩姿
そしてそのブリーダーから購入する人

これは僕が見た事である

大阪の某有名ペットショップの裏には大量の捨て猫(売れ残り猫?)たちが暮らしている
純血種のようなルックスの大量のノラちゃんたち

目に障害を持った子を特別価格で売りに出していたこともあった
売れなかったらどうするのだろう
店の裏に回るのだろうか

その店は今日も賑わっていた

ブリーダーの皆さん、ペットビジネスに携わる皆さん、そしてペットを愛する皆さん
なにかおかしくないですか?

コメント

  1. ハミル より:

    酷い!酷すぎる!!でもそれが現実なんですね。。ペットショップ、私は嫌いです。あんな小さなとこ犬や猫を閉じこめて、生き物を売買する。ペットショップ経営者の方は本当に動物が好きなのでしょうか?動物達に心がある事を忘れないで欲しい。そして毎日保健所では多くの命が犠牲になっています。これから動物を飼おうと思ってる方、その事を忘れずにペットを大切にして下さい。

  2. wagon より:

    こんばんわ、ハミルさん。

    ぼくはペットショップの全てを否定はしませんが、
    利益を追求すると理想と乖離してしまうのだろうと思います。
    かといって利益を求めずにNPOが販売するなんてことは難しいのでしょうか。

    いつの日にか、ペットにまつわる悲しいニュースがなくなるように
    なってたらいいですよね。

タイトルとURLをコピーしました