勝手に決めた癒しロックアルバム7選

アカン!今日もニコニコでPerfumeを探している
と夜中に反省してしまうくらい
僕の中でPerfumeはヘビーローテーションだが
心を落ち着かせたりする為には
昔から好きだった曲を聴くのが一番だ

ということで、Paul Westerbergだ
Paul westerberg
伝説的なUSパンクバンドのReplacementsのフロントマンで
ソロ作品は狂乱サウンドのバンド時代と違い
レイドバックしたアメリカン・ロックとなっている

同時期のHUSKER DUやSUGAR
(これも伝説のゲイ・メロディアス・パンク)より
乾いた大地の匂いがするような、古典的ロック
とても心が落ち着く
特にRunaway windはお勧めだ

で、いきなり勝手に癒しアルバムを7枚選んでみた

Paul Westerberg – 14 Songs
14 Songs
語りつくせないほど愛聴している

Mary Lou Lord – Got No Shadow
Got No Shadow
SubwayやLights Are Changingなど名曲ばかりの名盤

Maria Mckee – You Gotta Sin to Get Saved
You Gotta Sin to Get Saved
田舎をドライブしながら聴くのが似合いそう

Elliott Smith – Either/Or
Either/Or
とてもか細く美しいメロディ
でも使い方を間違うとダウナーになるので注意

Beck – Sea Change
Sea Change
Beckはこういうフォークの方が僕は好みだ

Belle & Sebastian – If You’re Feeling Sinister
天使のため息
Fox in the snowが一番好き

Teenage Fanclub – Man Made
Man-Made
はずれアルバムなしのTeenage Fanclub
これかSongs from Northern Britainが一番癒される

以上、もし興味があれば聴いてみてほしい
全て良いアルバムだから

コメント

タイトルとURLをコピーしました