鏡とさくら

夜にふと鏡をみると、さくらがいた
鏡越しにぼくの方をじっと見ていた

なにか悩んでいるかのようだ

さくらのこの顔に
ぼくはいつもやられてしまう