子猫と先住猫との遭遇

この週末から先住のさくらとくろに、新しくやってきた子猫りんとすずを対面させようと試みている
うちにやってきて2週間はほとんどはゲージの中で過ごさせた
さくらたちに襲われないようにである
パンチでも食らったら一撃でやられてしまうだろう

子猫たちをゲージの外に出してみると、案の定、目に見えるものすべてに興味を示し、
興奮しながら走り回っている
さくらとくろはそれを遠くから眺める

見張り

子猫たちが興奮しすぎて、くろに近づくと、ぼくと嫁は緊張した
くろのパワーの前にはこの子たちはひとたまりもないだろう
しかしくろはいつものようにのんびりとした態度で、子猫たちをあしらう
子猫たちとくろは打ち解けたまではいかないにせよ、攻撃することはないようだ
くろの周りではしゃぐ子猫とそれを見守るくろ
兄弟愛か、はたまた父性に目覚めたかわからないが、くろとは大丈夫みたいだ

仲良し?

一方さくらは猫らしく遠くから感心がないフリをしながら、神経を集中させて、
子猫たちの動向を探っていた
さくらのお気に入りの場所、オルビスの空き箱や座布団の上などに子猫が近づこうものなら、
すぐさま飛んでいき、シャーと威嚇する

監視

コメント

  1. りゅう より:

    先住猫との対面は、かなり気を遣いますよね。
    私も、拾った子の体調が良くなるまでは、
    私の部屋生活。
    その後、ケージの中に入れて、猫社会を見てもらってます。
    慣れてから、少しずつ対面。
    子猫s、しっぽ太いけど怖いもの知らずですか^-^?
    みんな早く慣れて、一緒に遊べるといいですね☆

  2. wagon より:

    りゅうさんのお宅の方が人数が多いので、
    気の使い方がケタ違いですよね。心境お察しします。
    うちは2対2なんで、まだマシかも。目の届く範囲ですし。
    焦らず徐々になじんでもらいます。

    子猫たちの尻尾は常にふわっと毛が逆立っている状態で、
    興奮しっぱなしみたいです。
    なんでも興味津々で、怖いもの知らずなのかも。
    さくらのは細くて繊細(ビビリともいう)。
    尻尾の太さで性格診断も可能なんですね。

タイトルとURLをコピーしました