思い出書評 アゴタ・クリストフ 悪童日記

先日、雑誌で養老孟司が対談でノーベル文学賞について話していた記事を読んだ
その中でアゴタ・クリストフが今後受賞すべきだということを発言していた

アゴタ・クリストフ、遠い昔を思い出した

10数年前、大学生の頃
同じゼミに背の高い女の人がいた

名前も今は思い出せないくらい、僕はその人と喋ったことがなく
学校ですれ違ったときに会釈をするくらいだった

ある日授業前に教室でぼーっとしていると
不意にその人が僕に話しかけてきて
好きな作家がいて、ぜひその作家の本を読んでみてほしいと言われた

なぜほとんど話をしたことのない僕に、本を薦めてきたのか
理由は分からなかったが、それ程良い本なのかと思い読んでみた

それがアゴタ・クリストフの悪童日記であった

子供の日記のようなものかなと思いながら読み始めた
頁が進むにつれ違和感が段々強くなる
簡素な文章で淡々と綴られる、戦争が引き起こす暴力と性の描写
そんな人間の本質を、賢い子供の目線で語られていた

あっという間に本に引き込まれ、2時間程度で一気に読み明かした
読み終えたあとの、爽快ではない何かモヤッとした哀しさと
見てはいけないものを見てしまったドキドキ
とてもよく覚えている

3部作の1作目で、2作目のふたりの証拠、3作目の第三の嘘も読んだが、
やはり悪童日記の衝撃は忘れられない

これを教えてくれた女の人の名前は忘れたが
この本を教えてくれて、ありがとう

Posted by wagon