おこたが平穏をもたらす

僕が暮らしている街、頻繁に怒号が響き渡る香ばしい街
ここ尼崎も最近はめっきり寒くなり
ウチでもおこたを出すことにした

おこたが現れるとウチの子たちは
我先にと飛びついた

さくらとりんはとても仲が悪いが
呉越同舟、近くで寝ている
さくらとりん

さくらは寒いのかアンモナイト化している
ぱんださんによると関東の猫もアンモナイトになるらしい
アンモナイト

りんは滅多に乗らない僕のヒザの上で
ゴロゴロと喉を鳴らしてくれる
りん1

と思ったらしばらくすると
おこたの中に入って熟睡
りん2

ここのところ、さくらが暴君と化していて
家の中は尼崎の街中以上にカオスであったが
さくらとりんが近くで寝るなんて
なんと素晴らしいものだろう、おこた

コメント

  1. ぱんだ より:

    wagonさん、こんばんわぁ!
    おこた、出したんですねぇ。皆,嬉しそう。
    アンモニャイトになってるぅ。縞模様が物語ってますねぇ。
    うちのくうはアンモナイトと言うよりも、肉団子って言った方が近いかもしれません。

    それにしてもwagonさんの家って、いつも綺麗に片づいていますね。(違う所みててすみません)
    家具とか、布とかのセンスが凄く良いと思います。
    wagonさんのご趣味なのか、それとも奥様のご趣味なのか…

  2. wagon より:

    こんばんわ、ぱんださん。
    アンモニャイトは冬の風物詩ですよね。
    日本中で発掘されているでしょう。

    それはそうと、ウチはとても汚いですよ。
    壁紙は引っ掻かれて剥がれているし、
    床は爪跡だらけ、本は散乱してるし。
    なにより、猫の毛だらけで猫アレルギーの人は地獄かも。

    ぱんださんちの方が絶対きれいですよ。
    写真に写ってる小物なんかオシャレやし、家も広そうやし。
    嫁にぱんださんから褒められたことを伝えたら
    ルンルンで掃除を始めました。
    ウチの子たちは掃除機が大の苦手で、逃げ惑っています。

タイトルとURLをコピーしました