憂鬱なニュース

こんなニュースを見つけた

「地域猫」の虐待相次ぐ さいたま市(YAHOO!Newsより)

住民数人から「えさをやるから増える」と苦情が絶えなかった。近くに住む男性は「ふんが汚いし、発情期はうるさい」とまゆをひそめる

地域猫制度は不幸なノラちゃんをこれ以上増えさせない為には、今のところ最良な手段だと思う
この制度の無い尼崎でも、有志の方々が同じような試みを個人レベルで行っている

ウチの嫁の実家ではノラちゃんがいると捕まえて避妊・去勢手術を施した後近所に放し、
えさを定期的に与えている
ウチのさくらとくろのお父さん・お母さんも同じように今でも二人仲良くえさを貰いに来るらしい

ただ近所の猫嫌いの人たちは猫がその人たちの家に近づくことすら嫌らしく、
摩擦も少しはあるという話も聞く

そんな中、こんなニュースを聞くと、憂鬱な気分になる
一番悪いのはペットショップから購入して勝手な都合で手放す人たちである
この人たちさえ考えを改めれば、まず野良猫は減っていくだろうし、
そうするとアタマのオカシナ人も変なことができなくなるだろう

昔はそこらへんに野良犬や野良猫がいて、そんなのを含めて、コミュニティーを形成していた記憶があるが、
しかし今はもうそんな牧歌的な光景を見ることはできないのだろう

コメント

タイトルとURLをコピーしました