もうひとつの初めて

今日はさくらが外に出た記念日だが
もうひとつ初めてのことがあった

それはりんがぼくのヒザで寝てくれたことだ
りんがやたら猫ナデ声で泣くので
おいでと手をクィックィッとしたら
おもむろにやって来てヒザにドカッと乗り
ズドンと腰をおろしたのだ

くろやさくらはぼくや嫁のヒザに乗ってナデろと催促するのだが
りんとすずは一切乗ってこなかった
心を開いていないかのようだった

それが今日はりんがぼくのヒザにのって
腕の中でゴロゴロと言いながら寝てくれた
やっとぼくを家族としてみなしてくれたのね
ごろごろ
何度みてもブサイクな顔だが、とてもかわいかった
近くでさくらがとても冷たい目で見ていたけど

さぁ、次はりんの番だ
ぼくはいつでも待ってるよ

コメント

  1. ぱんだ より:

    それはそれは嬉しい事ですね。
    膝の上に乗ってくれると、とっても暖かくて気持ちも癒されます。
    あぁ?時間が止まってくれたらなぁ?なんて思っちゃいます。
    でもその傍ら冷ややかに見つめている子がいて…
    なんだか複雑ですね?。

  2. wagon より:

    最近ぼくの膝はさくらの駆け込み寺になっていて、
    他の子にちょっかいを出して、怒られて追っかけられた時に
    必ずさくらはぼくの膝に逃げ込みます。

    その駆け込み寺がりんに占拠された時の
    さくらのフンッとクールに装いながらも怒りとも悲しみとも取れる
    そのなんともいえない表情がなんともいえなかったです。

    だけど、りんやすずが来てくれたら、やっぱり嬉しいですよね。
    ちょっとだけモテモテ男の気分が味わえました。

タイトルとURLをコピーしました