「百瀬、こっちを向いて。」と「ノラや」を読んだ

このところの出張ラッシュにうんざりしている
月の1/3はホテル生活で、手持ち無沙汰から
最近本を読むようになった
手に取った本が「百瀬、こっちを向いて。」と「ノラや」だ

百瀬、こっちを向いて。
「百瀬、こっちを向いて。」は
中田永一という作家(某作家の別名らしい)の恋愛小説で
一話一話が長くなく、一気に読んでしまった
人間レベルが5段階中2の冴えないの「僕」が
尊敬する先輩の彼女の「百瀬」と付き合っているフリをすることになり
そのうちに百瀬のことを好きになっていく
そんな小説みたいな事あるかい!と小説に突っ込んでしまうほど
ベタな内容だけど、そのベタさがとてもいい塩梅で
読後感は爽やかで、甘酸っぱい気持ちが心地よかった

あと、これを読んでると
嫁が恋したいの?って冷たい目で見られた
そうじゃないんだよ、わかってないなぁ
チミも読んでみろ、おんなじ気持ちになるから

ノラや (中公文庫)
「ノラや」は内田百聞の随筆集で
飼っていたノラ猫の「ノラ」との微笑ましい毎日から始まるが
「ノラ」がある日突然いなくなり
それからの狼狽する作者の様が笑うに笑えなくなり
自分に置き換えるてみると、とても身につまされて
仕舞いには寒くて丸くなってたウチのさくらを
半ベソかきながらギュッと抱きしめた
さくら
さくらは迷惑そうだったけど

結論
本っていいな
恋っていいな
猫っていいな

コメント

タイトルとURLをコピーしました